文学

文学

宮沢賢治と『雨ニモ負ケズ』

雨にも負けず 風にも負けず 雪にも夏の暑さにも負けぬ 丈夫な体を持ち 欲はなく 決していからず いつも静かに笑っている
文学

森鴎外『舞姫』

長まろ ちなみに私は現代語訳でしか読んでいません。文語体は少し取っつきづらさがありました・・・ 長まろ 勘違いしないでほしいのはおが太郎ではなく豊太郎のお話なので・・・ おが太郎 いや、そこ間違えないだろ笑 音声は...
文学

夏目漱石『こころ』

夏目漱石の『こころ』 ストーリーは恋愛や人間関係の闇の部分を「私」と「先生」の視点から書いている。 明治時代の道徳的な価値観は終わりを迎えたことを、 現実にあった事件と照らし合わせて小説内でのストーリーに深みを与えている。
文学

芥川龍之介『羅生門』~新現実主義~

芥川龍之介を代表する小説である『羅生門』は今昔物語にある1話のリメイクです。人間のエゴに焦点を当てることで作品をより一層深みのあるものと変えております。
事件

「海と毒薬」遠藤周作~日本人の倫理観~

遠藤周作が1957年に発表した作品『海と毒薬』は、実際に戦時中に起きた九州大学生体解剖事件を題材とした小説であり、日本人の持つ倫理観が一定ではないことを問いかけるような作品となっている。
文学

『蟹工船』~プロレタリア文学の代表作~

プロレタリア文学を代表する小林多喜二の『蟹工船』は労働者の団結が資本家を倒すことをテーゼとして、特定の主人公がなく群像劇として描いております。
大正

川端康成「伊豆の踊り子」短編小説

作者である川端康成自身を主人公に見立てた作品と言われています。純恋愛文学として高い評価を得ており、時代を超えて愛されている作品です。
タイトルとURLをコピーしました